北九州記念 2020|馬場分析と適性分析【人気馬編】傾向は?堅実性が高そうなのはあの馬!

先週の小倉記念はさすがにへこみましたディーです。穴馬を探しにいくスタンスをとっている中、穴馬が3頭きているのにどれにも印を打てていないのはちょーっとまずいですよね。私の敗因は明らかで、展開の考慮不足に尽きます。。この点については、馬場分析で触れることになりますので、反省はこのあたりまでに。今週で挽回したいと思います!

では早速、中身に入っていきます。

記事のアウトライン

この記事では大きく2点について記載しています。

  • 例年・先週の時計を使った馬場分析〜どんな特徴を持った馬が好走しそうか?
  • 想定人気馬の適性分析〜信頼できそう、または死角を持っていそうなのは?


例年・先週の時計を使った馬場分析

どんな特徴を持った馬が好走しそうか?

まず先週の日曜日の走破時計からです。

2020年8月16日 小倉芝レースの走破時計比較

冒頭に先週の反省として展開を読み違えたと書きましたが、図表の前3Fと後3Fの差異を見ていただければ、10R、11Rが異常なHペースであったことがわかります。さすがにここまでラップ差のある展開になると、後ろからの差しがききます。

小倉記念の前日土曜日が前が全く止まらない馬場になっていたため、騎手が先頭集団でのポジショニングを強く意識した結果が日曜日のこの結果だと考えられます。小倉記念をこのような心理戦まで想定し、読み切って当てた方はすごいですね。完全なるプロの心理戦で、馬場と異なりやってみないとわからない要素ですから。

実際、最終コーナーの通過順位が9番手、10番手あたりからでも届いています。ただ、勝ち切れるかというとまた違っていて、特に10Rは2000mのレースを前後半3Fのラップ差が1.5秒もあるHペースを最終コーナー通過時2番手から、そのまま勝ち切っています。また、最速上がりをみても、9R1200mでは最速上がり馬が4着と馬券内を逃しています。このレースも1200mであれば異常とは言わないまでも、前後半3Fのラップ差が1.6秒ある速いペースでした。当然と言えば当然ですが、距離が短いほど逃げ粘るのは容易になりますから、速いペースになっても1200mであれば前が止まらない勢いそのままに突っ込んでいくことは留意が必要です。

さて、その他の求められる特徴は先週と大きく変わらないため、補足的な書き方で最後に以下にまとめます。詳細についてなぜ?と感じる方は先週の直前分析の記事を合わせてご覧いただけますとうれしいです。

※※印自体は全く当たっていなくて恥ずかしいですが、馬場分析はしっかり特徴を捉えることができていたと思います。

馬場分析まとめ

  • 走破時計は速く、時計勝負に強い馬が好走
  • 小回りで直線が短く、上がりの速さは求められない
  • 直線が短く平坦で芝が軽いことから前が止まらず前有利
  • 前有利が明らかなためにHペースになりやすく、展開利を受けた差し馬が届く場合がある(2,3着に食い込んできている)
    ※差し届くのは距離が長くなる場合に多く見られ、1200mであれば、基本は前から


想定人気馬の適性分析

信頼できそう、または死角を持っていそうなのは?

では、上記の馬場分析の結果を踏まえて、上位人気になることが想定される馬の特徴をみていきます。

モズスーパーフレア(斤量56.5kg)

自己ベストは1.07.0 (34.2) 1着の19′ カーバンクルS (中山)です。時計勝負は問題ないのですが、中山での好走というのがポイントで、同馬は上がりがかかった方が良いようです。過去10戦の3着以内実績に絞ってみると、上がりがかかる馬場・コース(急坂、小回り、洋芝)に実績が偏っています。

  • 中山 3勝2着2回(オーシャンS、スプリンターズS 2着)
  • 中京 1勝(高松宮記念)
  • 小倉 2勝
  • 函館 1勝
  • 京都 3着1回

昨年のこのレースでは55kgを背負って、0.3差4着に破れました。前3F 32.7-後3F 35.5のレースを逃げたことを考えれば、非常に強い内容だったと思います。適性としてはここは間違いなく向いていると思っており、逃げる脚質も魅力です。

3月の高松宮記念ぶりな点はマイナスで、昨年同様にローテーションでスプリンターズSに向かうはずですから、ここで仕上げてはこないはず。それでも昨年が上記レースぶりで4着であることを考えれば、問題にならないのではないでしょうか(もちろん、追い切りは要チェックです) 。

それよりも気がかりなのは56.5kgの初めて背負う斤量です。57kgでなかったのは幸いでしたが、牝馬ですから非常に重いものです。他馬とのバランスですが、調子(追い切り)で割り引く必要がある内容である場合、斤量と合わせて大きく割り引いた方が良いとみています。

ジョーカナチャン(斤量55.0kg)

前走アイビスSDを勝っている点からしても、時計勝負が非常に向いている馬。直線1000mで好走実績を残している馬らしくテンのスピードが速く、この馬場でもポジションをしっかりとれるはずです。1200mも4走前に2着しており、3走前も重馬場を前半33.7で飛ばして0.3差5着まで粘れていることから、今の時計が出る軽い芝であれば距離に不安ありません

調子については、前走が狙いでピークだった可能性は大いにありますが、前走のレース後コメントで松下調教師から北九州記念に使いたいと明言されており、ある程度想定されたローテーションであることを踏まえると、ここまで好調キープしているのではないでしょうか。斤量を含めて、明確に割り引く点がない馬ではない、人気サイドでは堅実性が高そうな馬かと思います。

アウィルアウェイ(斤量55.5kg)

近走実績を踏まえた時にこちらの方がジョーカナチャンより0.5kgでも見込まれるとは、という印象でした。

ベストパフォーマンスは京都1200mでの1.08.2 (33.7) 3着の内容です。3歳春の時計ですから時計勝負に向いていると判断しています。特徴は新馬戦(阪神)を除き、好走が京都、東京、新潟と軽い芝に偏っていることです。実際には勝ったシルクロードSが1.09.0と決して速い時計ではありませんが、現状では軽い芝向きなのかと思っています。(もう一つの仮説は、急坂が苦手であることです)

ですから、ここでも問題なく時計勝負ができるのではないかと思っています。ただし、前述シルクロードSで負かしたモズスーパーフレアと比較してみると、前が止まらず、直線が短い点から判断して、京都よりも今の小倉の方が明らかに逃げ・先行有利です。さらに、そのシルクロードSが前3F 33.9-後3F 35.1とある程度流れて展開が向いていた(今回、当時以上の展開利が見込みにくい)ことを考えると、1kgの斤量差以外にモズスーパーフレアを逆転できる要素はないのでは、と見ています。

人気馬分析まとめ

  • モズスーパーフレアは馬場・コース適性は問題なく、脚質も魅力的。調子と斤量が少し不安で追い切りが特に重要。
  • ジョーカナチャンは時計勝負には向いており、特段の割引材料がないように見え、堅実性という意味では良さそう。
  • アウィルアウェイは軽い芝に適性を持ち、ここにも向いていそうだが、モズスーパーフレアとの比較では評価を一段落としたい

頭ではモズスーパーフレア、堅実性ではジョーカナチャンが信頼性が高そう。


今日の分析はここまでです。また穴馬編を更新するほか、可能であれば、札幌記念も簡易分析はアップしたいなと思っています。今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

北九州記念 2020|馬場分析と適性分析【人気馬編】傾向は?堅実性が高そうなのはあの馬!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です