レパードS 2020|適性分析 穴をあけるのは?

【2020年8月15日追記】
本文内に私自身のTwitterのつぶやきを引用していましたが、読み返した際のわかりにくさがありましたので削除しました。分析内容は変更しておりません。


ディーです。こんにちは。

前回の記事では、想定される上位人気馬3頭(デュードヴァン、ラインベック、ミヤジコクオウ)について、馬場適性を見てきました。

現段階で想定オッズではありつつも、上位人気3頭とそれ以外ではメリハリのきいたオッズになりそうです。しかし、死角のある人気馬がいますので、穴馬が飛び込んでくる余地は十分あります。

▲人気馬分析の参照記事はこちら

ですから、次は今週の激走穴馬候補を適性分析により探していきます。

注目したのは以下の5頭です。

  • タイガーインディ
  • ダンツエリーゼ
  • ニュートンテソーロ
  • バンクオブクラウズ
  • メイショウダジン

早速、見ていきましょう!

土曜の時計を見ながら、【馬場分析(直前編)】として、時計の最終予想と人気馬・穴馬の予想微調整を行う予定です。ぜひそちらもご覧ください。

穴馬候補の適性メモ

タイガーインディ

阪神1400mで3勝してきた快速馬で、前走は良馬場で1.23.6ですから速い時計での勝負は合っていそうです。

新潟は直線が約350mと長いですが、直前のコーナーが急で直線に入る前に減速することから、まくり気味に脚を伸ばすことが難しく、前有利な傾向が特に顕著なコースです。

この馬の魅力は自分で速いペースをつくっていけるところですが、それが生きる舞台ですね。ただ、前での粘りを生かすことを考えると、距離延長や時計がかかるようなダートへの変更は決してプラスにはならないと思います。

それだけに雨予報は歓迎で、脚抜きのよい馬場になる方がよいです。

他サイトの血統分析や馬体診断を参考にすると、タイガーインディは1800mくらいまではこなせるのではないかとの見方が強いようです。やってみないとわからないことではありますが、プラス材料の一つではあると思います。

もうひとつやってみないとわからないところと言えば、左回り、初の長距離輸送です。これまでは京都、阪神で走ってきており、右回りでした。長距離輸送については、当日馬体重を含めてチェックしたいと思います。

タイガーインディの好走条件

  • 雨により脚抜きのよい馬場となり、時計勝負となること
  • 初条件である1800m、左回り、長距離輸送を苦にしないこと
    ※1800mは血統背景としてはこなせる見込み

ダンツエリーゼ

3走前に1.52.1で3着、2走前が1.49.9で4着で合ったことから、1分52秒台前半までなら勝負になるとみます。ここまで京都、阪神の1800mで好走履歴があるのは非常に好材料です。新潟は京都と阪神よりは時計がかかるダートですが、今回は雨予報ということで、時計が若干速くなる可能性があります。

そこに対応できそうというのは非常におもしろい存在です。あとはペースがどうかです。スタートが速くないなかで、今回は前から行きたい馬が多いので、1F目、2F目の位置どり争いからある程度流れることが見込まれます。その時、位置どりが下がりすぎてしまうようだと厳しいです。

また、極端に脚抜きの良い馬場になると、もはや後方からは勝負になりません。そのため、当日の時計がどのくらいになるのかです。直前まで実に悩ましい1頭になりそうです。

ダンツエリーゼの好走条件

  • 脚抜きがよく前が止まらない馬場にならないこと
  • 後方から直線のみの競馬にならないよう、スムーズにある程度の位置がとれること

ニュートンテソーロ

2走前に非常に強い勝ち方をしたのですが、前走は同条件にも関わらず案外でした。レース後に戸崎騎手からペースが速くなった時についていこうとして脚をつかってしまったため、距離がもう少し合った方がよいとコメントが出ています。

4走前中山では最後に完全に脚があがってしまっていることも合わせて考慮すると、距離延長はプラスに働くものの、時計がかかり負荷が上がりすぎてしまうのも合わない(中山ダートは新潟より時計がかかり、急坂もあるため負荷が大きい)という、少し注文のつくタイプと言えるとみています。

その注文の中に今回の新潟1800mはしっかり入ってくる可能性があります。輸送も少なく、左回りも経験済み。あとは末脚に頼る馬なので、前が止まるかどうかというところで、ダンツエリーゼと同じですね。東京と異なり、直線に入ってから加速では難しいコースで、そこだけ騎手がまわせればということだと思います。

ニュートロンテソーロの好走条件

  • 前が止まらない脚抜きの良い馬場にならない程度に、馬場が湿り、負荷が軽くなること
    (1分51秒台前半くらいの決着を想定)

バンクオブクラウズ

※Twitterのつぶやきなし

直近2走から1分51秒台前半あたりに今の好走時計の限界があるのがわかります。

バンクオブクラウズの過去2走時計と着順

この馬は先行してジリジリと渋太く伸びるタイプであるため、前走は阪神で急坂があることもあって時計が速い割にはなんとか4着だったと理解しています。そのため、平坦な新潟であれば、やはり1分51秒台は必要でしょうね。

先行してジリジリ伸びる脚質自体は新潟に合っていると思われます。上記の1分51秒台という時計が叶えば、前走の勝ち馬ライトウォーリアを逆転する機会があると思いますし、2走前の勝ち馬ミヤジコクオウとも好走可能との考えです。

ただし、前走のレース後にペースが速すぎて動きたいときに遅れたという趣旨のコメントが出ています。ジリ脚で渋太い一方、急加速ができるタイプではないようです。

まくり気味に上がっていく馬が速めに動くと、4コーナーを回った時に極端にポジションを落とす危険性をはらんでいる点は他馬の特徴を捉える際、留意しておきたいです。

また、この馬も左回り&長距離輸送が初条件となります。左回りはやってみないとわからないまでも、長距離輸送は少なからず当日馬体重ではしっかりチェックしたいところです。

バンクオブクラウズの好走条件

  • 程々の時計の馬場(1分51秒台前半を想定)になり、渋太いジリ脚が生かせること
  • 後半に急加速を求められるような展開にならないこと
  • 初条件である左回り&長距離輸送を苦にしないこと

メイショウダジン

※Twitterでのつぶやきなし

前走は1.51.8(38.1)4着でした。勝ったミヤジコクオウから0.8差、3着バンクオブクラウズから0.3差です。見た目にも明らかにジリジリ伸びていました。

最後まで止まらず渋太いまでも届ききらないことは、時計のかかるダート・距離・急坂、、前走から何らかの一押しが必要であることを示しています。

今回その一押しに該当する何かがあるか?

晴天に恵まれれば、京都→新潟のコース変わりがプラスになる可能性が大いにあります。その意味で、今回はこの馬にとっては厳しいかもしれません。時計のかかる馬場で当日を迎えられれば、ぜひ抑えたい1頭です。

メイショウダジンの好走条件

  • ダートが完全に乾き、時計のかかる馬場(1分52秒台の想定)となること

まとめ

この記事では5頭の穴馬候補について適性分析をしてきました。

  • タイガーインディ
  • ダンツエリーゼ
  • ニュートンテソーロ
  • バンクオブクラウズ
  • メイショウダジン

少し雑ですが、天気による影響を踏まえると以下のような場合分けのイメージでしょうか。

  • 雨で脚抜きがよく時計勝負(1分50秒台想定)になった場合
    → タイガーインディ
  • 湿り気味の馬場でやや速い時計(1分51秒台想定)になった場合
    → ダンツエリーゼ、ニュートンテソーロ、バンクオブクラウズ
  • 完全に乾いた時計のかかる馬場(1分52秒台想定)になった場合
    →メイショウダジン

当然ここまでシンプルにはいかないでしょうから、馬場状態の直前分析と調子、展開予想も踏まえて、予想の調整をしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

土曜の時計を見ながら、【馬場分析(直前編)】として、時計の最終予想と人気馬・穴馬の予想微調整を行う予定です。ぜひそちらもご覧ください。

レパードS 2020|適性分析 穴をあけるのは?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です