クイーンS 2020|各馬分析【穴馬編】特注はこの3頭!

【2020年8月15日追記】
本文内に私自身のTwitterのつぶやきを引用していましたが、読み返した際のわかりにくさがありましたので削除しました。また、マーカーや太字化の体裁を一部変更しております。分析内容は変更しておりません。


ここではクイーンSで注目したい穴馬、もしくは別条件で拾いたい馬についてまとめています。
人気馬については以下の記事に先行してまとめていますので、よろしければ合わせてご覧ください。

適性メモ

ピックアップしたのは以下の穴馬です。

  • オールフォーラブ
  • サムシングジャスト
  • シャドウディーヴァ
  • タガノアスワド
  • リープフラウミルヒ

ぜひ皆さまの予想の参考にしていただければと思います。

オールフォーラブ

3走前がスカーレットカラーから0.4差4着としており、速めの時計にある程度目処をつけてみせました。上がりがかかる馬場の方がよいのはもちろん、ローズSから走破時計そのものもかかった方がよい。その意味では、前走からの距離延長は間違いなくプラスで、1800mや2000mの重い芝の条件であれば、スカーレットカラーとの差がさらに縮まる可能性もあります。また、瞬発力勝負が苦手なためラップは締まった方が良く、ハナ争いが激しそうなここは展開も向きそうです。

力関係はもちろんですが、この馬にとって最大のリスクは休み明けで動けるかですね。調教自体は分析を得意としていませんが、まあまあ動けている様子。最終的に軸にしないとしても、しっかり抑えておきたいです。

サムシングジャスト

5走前の凡走から、時計勝負に限界があるタイプとわかります。1600mと1800mで勝ち鞍がありますが、4走前、3走前、2走前と時計がかかることでパフォーマンスをあげ、クラスを上げて好走していることから、距離を伸ばした1800mがより適性が高いのではないかと見ています。

また、時計勝負は合わないと考えているものの、9走前に1.46.9で2着と好走しており、阪神の時計の出る馬場でやれているので、時計が速めな洋芝という条件設定であれば合いそうです。加えて、この時の1着が今回人気しているフェアリーポルカであることを考えれば横比較でも好走できるのでは、と考えられます。

末脚を生かす脚質から小回りはマイナスでしょうが、好位〜中団で運ぶ想定で好走の可能性は十分にあるのではないかと魅力を感じています。

シャドウディーヴァ

4走前に1.33.1(33.3) 2着という非常にバランスの良い走破時計を持っていることから軽い芝向きと考えており、重い芝では割引きたい馬です。5走前は時計のかかる芝でも上がりを生かして勝ち上がっており、上がりを生かせる舞台が合っています。そう考えると、時計のかかる洋芝&小回りのここは合わないのではないかと感じています。そのため、次走に向けたメモとして残します。

【次走メモ】
パフォーマンスを発揮したと見られるのは明らかにフローラS 1.59.5(33.5) 2着と東京新聞杯 1.33.1(33.3)2着の2走。ここから軽い芝のSペース瞬発力勝負が最も適性な条件と見ます。1600m〜2000mで好走歴がありますが、ペースが比較的落ち着きやすい傾向にある意味で、長めの方が良さそうです。
極端な時計勝負やHペースはヴィクトリアマイルの時計から対応が難しそうです。

タガノアスワド

直近で勝ってきた4走をみると特徴が掴めてきます。

  • 2017/08/05 札幌1800m(500万下) 1.47.5(35.9)
  • 2019/04/29 京都1600m(500万下) 1.33.2(35.3)
  • 2019/08/18 小倉1800m(2勝クラス) 1.47.5(34.6)
  • 2020/07/11 阪神1800m(3勝クラス) 1.48.9(37.9)

2勝目こそ開幕週に近い前有利の馬場を生かして粘り勝ちましたが、基本は時計&上がりのかかる馬場を得意としています。そのため、クイーンSの条件はあっていると思います。
ハナを切りたいタイプで、同型が多いのは非常に懸念ですが、条件が合っているだけに軽視できません。

リープフラウミルヒ

札幌1800mで2戦2勝と好成績を残しており、時計のかかる芝がベターです。8走前には1.46.7と札幌(洋芝)の速い時計で勝っている点も評価できます。このレースは2着馬が次走で勝ち上がっていますので、レースレベルも高いと考えられます。

また、今回人気のフェアリーポルカを物差しにすると、2走前にフェアリーポルカの2着としており、そこからこちらが斤量1kg減となりますので、さらに差が縮まる可能性があります。

前走は初距離ながら条件が合うだろうと想定していただけに、あそこまで負けると思わず驚きました。厩舎コメントでも前走の敗因は明確にはわからないと出ており、この部分に不安があります。馬柱表には現れない、馬自身のやる気、とかだと私にもまったく把握のできない範疇に入ってしまいますが、、

とはいえ、得意の条件に戻ってくること、重い芝で速い時計を出した実績があることから見直したいタイミングです。サムシングジャストより人気がないところで落ち着くようであれば、こちらから入ることも考えたいくらいです。

まとめ

穴馬についてまとめます。

  • 特注と考えているのはオールフォーラブ、サムシングジャスト、リープフラウミルヒの3頭
  • 上のクラスで重い芝での速い時計による高パフォーマンスを持っていることからサムシングジャストに魅力を感じている
  • 前日時点ではリープフラウミルヒの方がサムシングジャストより人気がなく、そこまで差を感じないので要検討
  • オールフォーラブは適性だけなら魅力を十分に感じるが、久々な点が気がかりで上記2頭より一段下の評価。ただし、必ず抑える

最終のオッズとともに考えを整理して、最終予想をしたいと思います。

クイーンS 2020|各馬分析【穴馬編】特注はこの3頭!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です