クイーンS 2020|各馬分析【人気馬編】人気馬の信頼度は?

【2020年8月15日追記】
本文内に私自身のTwitterのつぶやきを引用していましたが、読み返した際のわかりにくさがありましたので削除しました。分析内容は変更しておりません。


(分析の前提)前日馬場情報

JRAの前日情報(札幌競馬場)ですが、やはり雨が降っていないためかなり乾燥しています。もちろん散水するのでしょうが、先週同様、今週も札幌としては速めの時計が出るとみて間違いないと思われます。ここを踏まえての予想です。

適性メモ

今回は馬場への適性が高く、堅実度が高そうな人気馬が多い印象です。ですから、人気馬をよく分析して、穴馬が食い込む余地がありそうかをみていきたいと思います。

この記事では以下の5頭について分析しています。

  • スカーレットカラー
  • フェアリーポルカ
  • コントラチェック
  • ビーチサンバ
  • カリビアンゴールド

穴馬は今夜か明日更新しますので、ぜひそちらもご覧ください。

スカーレットカラー

時計の速いアルテミスS(東京)で5着、時計のかかるフェアリーS(中山)で2着と時計がかかった方が良いタイプとみています。そのため、昨年のクイーンS2着も納得です。

そう考えると、前走のヴィクトリアマイルは時計勝負の舞台というのもありますし、ここでは度外視できます。むしろ2走前の阪神牝馬Sが1.33.1(33.4)ですからよく走っていると思います。時計のかかる阪神でのこの時計は優秀で、やはり重い芝で見直したいです。距離もじっくり脚を溜められる分、1800mや2000mの方が合いそうに見えます。

今回、割り引くポイントになりそうなのは、小回りな点とペースでしょうか。
メンバー構成上、ハナが欲しい馬が多く、ペースが速くなると見込んでいます。この馬は後ろから行く馬ではありますが、瞬発力勝負が得意でペースは落ち着いた方がよさそう。昨年のクイーンSも前半36.2-後半34.5のレースラップでまさにでした。
小回りのコースをまくり気味に上がってこれるか。これはもうやってみないと、展開や位置どり、騎手の駆け引き次第なので何ともいえませんが、リスクではあります。

フェアリーポルカ

時計のかかる条件で2連勝中ですので、ここでも条件は合いそうです。一方気をつけたいのは、開幕週ということを考慮しても札幌の時計が洋芝の割に非常に速いことです。この時計の速さはこの馬にとってリスクになると考えています。これが2000mだとまた違うのですが、現時点では1800mの時計がかかる芝で良績をあげているだけに、1800mで時計が速くなるのは対応できない可能性があるのではないかと。土曜日段階での時計は改めて確認しておきたいところです。

ただ、あくまでリスクでしかないですし、直近4走は33秒台のキレキレの末脚ではないまでも上位3番以内の上がりが使えるようになってきており、成長しているのだと思います。ですから、対応する可能性も踏まえつつ、見えていない要素なだけに、そこに目を潰れるかが判断ポイントですね。

コントラチェック

時計のかかる中山で重賞を2勝しており、時計がかかった方がベターです。3走前には1.32.2と速い時計でも勝っており、洋芝の速い時計勝負は合っていそうです。

また、先週末は開幕週らしく先行勢の好走が目立ちました。そのため、逃げる脚質も向きそうです。加えて、追い切りにルメール騎手が乗っていることも好感が持てます。

一方で、ハナにこだわりたいタイプではあるので、同型との兼ね合いは考慮必須です。
今回はハナにこだわりたい逃げ馬が多い。。それさえ気にならなければ、馬場適性的に一番向いていると感じるのは人気馬の中ではこの馬です。
土曜に時計を確認して、他の馬との相対評価で軸を決めることになりそうです。

ビーチサンバ

正直いって、ちょっとキャラクターを掴みかねています。

Sペースからの瞬発力勝負は、クイーンCでの最速上がり32.9をみてもいける馬ではあります。ただし、前走キレ負けしている通り、時計勝負には限界があることも明らかです。

桜花賞や2走前の阪神1600mでの1.33秒台前半での速い時計で、少し足りず差し届かなかったところから、距離はもう少し長く、1800m〜2000mくらいでしょうか。オークスでは最後にバテてしまっているので、2400mでは長く、2200mがやってみないとというところですね。

ここまで見てきた通り、1800mの時計のかかる札幌コースは合っている可能性が高いと思います。

あと、これはやってみないとどうしようもないのですが、近走の出遅れも人気馬を軸にすることを検討する上ではリスクですね。

【次走に向けたメモ】
ローズSや秋華賞のように速い時計の出る小回りコースで、前で粘っての魅力も見せています。もしかするとベストは2000mくらいの軽い芝小回りコースで前で粘る展開かもしれません。
このあたりの仮説を、今後の観察で検証していきたいと思います。

カリビアンゴールド

洋芝の戦績が8戦して3着以内7回とコース適性は抜群です。距離も勝ち鞍の最もあがっている1800mがベストでしょう。ただ、それは人気に折り込まれるでしょうから、今回はそれなりに人気すると想定されます。そうなったときにオッズとのバランスがとれるかは懸念です。

とはいえ、やはり陣営も精力的にここを狙ってきたのかなと思うのは、5月から1ヶ月ちょっと空けての前走で、洋芝1800mを使い、叩き2戦目という点です。おそらくここに向けて調整してきたんだろうと考えられます。

3走前の福島牝馬S(勝ち時計1.46.8、カリビアンゴールドは+0.3差4着)でのフェアリーポルカを物差しにすると、クイーンSでの勝ち時計が1.47秒台前半になるようだと今年も3着以内が見えてくる、1.46秒台だと掲示板がやっと、といった結果になるとみています。そうなると少し厳しいのかな、という印象です。

まとめ

人気馬についてまとめます。

  • 今の段階で馬場適性から信頼できそうと考えているのはコントラチェックだが、同型が多いのがかなり気がかり
  • スカーレットカラーは前有利の馬場状態、フェアリーポルカは速い時計への対応、という不安があるとみている
  • ビーチサンバが適性面から悩ましいが、出遅れが続いている点以外ではリスク低め。適正はある。
  • カリビアンゴールドは適性あるが、予想される速い時計では少し厳しいのではないかと見ている。少なくてもオッズとのバランスでは、あまり魅力的ではない(人気しすぎ)
  • ピックアップした5頭は非常に適性がありそうに見えて、実際にはつけいる隙(リスク)をそれなりに抱えており、1頭、ないし2頭の穴馬が飛び込んでくるチャンスは十分にある

土曜日に馬場状態をみて、傾向を再度確認し、取捨選択をしていくので、改めてブログにて掲載します。

クイーンS 2020|各馬分析【人気馬編】人気馬の信頼度は?” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です